部屋の上手な使い方

趣味を生かしたリノベーション

部屋の上手な使い方
専有面積88.0㎡
専有面積88.0㎡
建物構造SRC造
築年数2000年
場所大阪市
家族構成2人
担当者佐藤
工事期間9週間
設計吉川
キーワード茶室・小上がり和室・炉・珪藻土・畳下収納

家で趣味ができる。こんな素晴らしいことを実現できるフルリノベーション。限られたスペースの中で趣味を満喫するためのスペースを見つけ出し、生活空間と上手に使い分けましょう。

リノベーションビフォーアフター

before
before
after
after

リノベーションこだわりポイント

茶室


ご自宅に生徒さんや友人を招いたお茶会を開くため、部屋の中心に小上がりの茶室を作りました。プライベート空間ときちんと区別し、趣味をご自宅で満喫できる事例です。

畳下収納


お琴や茶道具など普段の暮らしでは使わないものを小上がりにした茶室の畳下スペースをうまく使い収納量を確保しました。

玄関ホール


大勢の人が来られても対応可能なように玄関ホールを広く取り、お茶会の休憩、待合スペース的に活躍しています。

明かりの取り方


中央に配置した茶室が暗くならないよう、障子戸をうまく活用し自然光を十分取り入れる空間に仕上げました。

電気炉


茶道にかかせない炉も電気式のものを採用。
安全面にも配慮しました。

その他のCASEを見る