DR一戸建てリノベーション

「新たな価値を創造する木造一戸建てリノベーション 」

日本で昔から多くみられる木造住宅。

日本では木造住宅の平均寿命が26年程度と言われています。

 

あくまで資産価値という意味ではありますが、築後22年程度で価値がなくなるんです。

 

対してアメリカの平均寿命は44年、イギリスは75年。

 

中古住宅の流通量も日本は圧倒的に少なく約36%でアメリカは77%、イギリスは88%です。

 

先進国で比較すると圧倒的に日本の住宅事情は「新築文化」と言えます。

 

高度経済成長期で人口や産業が伸び続けていた時代はそれで良かったのかもしれません。

 

しかしこれから日本は世界にも類を見ないスピードで少子高齢化が進み、現在でも住宅は供給過多だと思います。

人口や世帯数が減少するなか、空き家が増え続けているにもかかわらず、新築分譲が無駄に建設されるのは理にかないません。

 

そして、高度経済成長期に比べ構造的に技術が発展し、中古住宅でも高性能な住宅は着実に増えています。

 

よって中古住宅でも、しっかり選び、診断し、メンテナンスをして、人が住めば建物は元気になります。

 

人間の体と同じで建物もメンテナンスや手入れが必要です。私たちはリノベーションという手法を用いて中古住宅でも新たな価値を創造し、快適な住まいづくりをお手伝いします。

 

サスティナブルで環境保全に微力ながらでも貢献し、人も建物に元気に過ごせる家づくりを目指しています。

素材・仕様・性能

家族 家 リフォーム

建物診断

中古住宅でまず重要なのは“診断”です。
診断にも行う内容により、コストや正確性は変わりますが、少なくても専門家による目視等の診断を事前にすることが大切です。

購入を決断する前に行いましょう。
それにより、リノベーションで改善できること、出来ないこと、コスト感や将来のアドバイスをもらえ、購入決断の判断材料になります。

各自治体でも診断士を紹介してくれていますので、先ずは建物の持つポテンシャルを知りましょう。

地震 耐震 構造

耐震改修

耐震基準は大きな地震に耐えるための基準として1981年6月1日に建築基準法が改正され、新耐震基準が定められました。

よって新耐震基準以降の建物は震度5程度の地震が起こってもほとんど損傷しない強度を保有しています。

さらに2000年には住宅品質確保促進法に基づき耐震等級ができ、耐震性能に応じて1~3の等級ができました。

特に1981年以前の建物の場合、耐震診断、改修は必須であると考えます。

断熱 改修

断熱改修

日本は省エネ性能も先進国と比べ最低クラスでした。
1999年度に住宅の省エネルギー基準が改正されましたが、日本では法的拘束力がなく、努力目標とされていたため、達成率は低いのが現状です。

日本は東西南北様々な気候があり、四季もあるため全国一律の基準はできません。
各地域の環境に最適な断熱を行うことで暑さ、寒さに対してはもちろん、住む人や建物の健康状態も良くなり、快適な暮らしを実現します。

窓 断熱 改修 リフォーム

窓改修

窓も断熱、省エネには相当影響する部位で、昔のアルミサッシに単板ガラスだと、外気の影響をもろに室内に伝えてしまいます。

採光、採風、眺望の他に断熱、結露対策として窓の改修も重要ポイントです。

外壁 屋根 改修

屋根、外壁改修

雨風から人や建物を直接的に守ってくれる屋根と外壁は見た目の美観も大切ですが、性能やメンテナンスのことも考慮する必要があります。

見た目だけにこだわり、コスト優先で選ぶとメンテナンス費用がかさみ、建物の性能が落ちてしまいます。

屋根については重さも大切で、重い屋根材を軽くすると耐震性能も向上します。

ジムやエステでカラダの健康や見た目を維持するイメージですね。それを怠ると取り返しのつかない後悔を招くことになり兼ねません。

外の環境から守ってくれる屋根や外壁のお手入れは欠かさず、定期点検を心掛けましょう。

自然素材 天然 調湿

自然素材

木や土、草や紙など自然素材といわれるものは人々の暮らしを快適にしてくれる効用が多くあります。

化学物質が含まれておらず、人体に悪影響を与えません。

湿度やにおいを調整してくれます。カビも抑制してくれます。
手触りや質感は最高です。

家に帰って玄関を開けたその瞬間にいつも心地良い気持ちにしてくれます。
ただそれだけで、毎日が幸せに感じられるそんな自然素材をおすすめします。

プランニング

暮らし イメージ
元の暮らしから学ぶアップデート

リノベーションの最大のメリットは現状で実際に暮らしている実績からアップデートできることだと思います。

 

“部屋の中の風通しを良くしたい”

 

“キッチンと洗濯機の位置を近くしたい”

 

“洗濯物を干す場所やランドリースペースがほしい”

 

“家族が集まる時間を作るために最適な空間を作りたい”

 

今までの暮らしで何気なく感じていることに改めて注目し、取入れる。

これは新築ではできないリノベーションならではのプランニングです。

モデルプラン例

戸建て リノベーション
参考価格1,400万円
工事面積84.95㎡
間取り4LDK

緑豊かな地域に建つ築40年を超えた木造住宅。

 

お施主様は子供時代を過ごし、現在はご自分のお子様と暮らし、人生まるまるの想い出が詰まった家です。

しかし古い木造住宅は動線が悪く、階段は急で、とにかく寒い。他に移ることも一瞬考えたがやはりこの家で暮らして行きたい。

 

生活環境さえ改善されればという大きな想いをフルリノベーションで実現しました。耐震、断熱、デザイン全ての要素をアップデートした木造戸建てのフルリノベーションです。

事例を見る