DR新築

「 呼吸する家 」

”家”という物の本質的な意味を考えてみると、

一つは人の暮らしを外的要因(雨風など)から守ること。

もう一つは【快適に健康に長く暮らせること】だと考えています。

 

 

近代の工業製品的な家は、快適に暮らせることより

”売れる家”が主流になり、表装的なデザイン性と

ローコストな家づくりと住宅ローンという仕組みによって

家が商品化されたような印象です。

通気や透湿性のない、ビニールクロスやサイディングで覆われ、

室内の空気環境が劣悪なものとなってしまいました。

 

 

 

 

最近では高断熱、高気密が流行し少しずつ快適な家に

なりつつありますが、エネルギーを太陽光パネルや

高性能エアコンなどに頼る機械的な解決策が主流となっています。

 

 

 

 

それが悪いというわけではないですが、私たちが考えるのは

もっと根本的な解決が必要ではないだろうかというところです。

製造コストに大きなエネルギーを必要とする機械的なものではなく、

古代建築の知恵を学び、自然の【再生可能エネルギー】を

最大減に活用したパッシブ(受動的)な家を造り

機械に頼らない暮らしを提供したいと考えています。

 

 

 

 

さらに日本は南北に長く、そして四季があります。

地域による環境や特性の違いと、四季による

通年の環境の違いを理解しないといけません。

夏と冬で室内外の温度差・湿度環境は

逆転するので、それに対応する家にしないと

壁内結露などがおこり、カビが発生したりします。

それを防ぐために使用する建材を透湿性のあるもの、

通気性のあるもの、それでいて気密性も確保できるものを

使用することで、一年を通して最適な空気環境を保てる

「呼吸する家」ができます。

 

 

 

 

”家”がもたらす最大の利益は新築完成時ではなく、

そこから始まる10年、20年と続く”暮らし”

が快適であるということです。

私たちはただ物質的な家ではなく

 

《快適な暮らし》を提供することを約束します。

 

 

素材・仕様・性能

自然素材の壁

自然素材の壁

内装、外装とも仕上げに使う素材を”自然素材”のものを使います。
内装には珪藻土やしっくいといった塗り壁やルナファーザー。
外装にはそとん壁。
自然素材には調湿や気化熱の効果があり、空気環境を快適に調整してくれます。

無垢の木の床

無垢の木の床

肌触りがよく、素足で歩くのが気持ちいい無垢の木の床。裸足で歩いても冷たくありません。
直接触れる床材はやっぱり心地良いものを選びたいですね!

家 断熱

断熱性能

私たちが作る家の断熱材はセルロースファイバーを標準仕様としています。
断熱性能も防音効果も高いセルロースファイバー。
地元の新聞紙を加工し、原材料の地産地消を実現するエコな建材です。

構造 国産

構造材

私たちの作る構造材は国産材を標準としています。
日本という環境で育った木材が日本の家づくりには最も適しています。
森林環境の保全にもつながり、地球に優しい活動です。

断熱 窓 光

窓のこと

窓はアルミと樹脂の複合窓を標準としています。
窓としての性能はもちろんですが、位置や大きさなども重要です。
採風、採光、眺望などに窓の位置や大きさが影響します。
家において窓は大切です。

換気 暮らし 設備

換気(空調のこと)

換気方法を考えることは家づくりにおいて非常に重要なことです。
通常の第三種換気では部分的にしか空気が動かず、場所によってはしっかり換気ができずに空気や湿気が滞留し、カビ等の原因になりえます。
いかに家全体の空気を動かし効率よく換気するか、そして換気の際に室内の熱を外に逃がさないかというところが重要です。
換気方法は暮らす人を健康にしてくれる重要アイテムです。

プランニング

暮らし デザイン
暮らしをデザインする。

私たちがプランニングの際に大切にしていることは、10年後も20年後も快適に暮らせているかというところです。

安く建てたが故に冷暖房効率が悪く、空気環境も悪いので、風邪を引きやすい…10年後には不満だらけということになると取り返しがつきません。

見た目のデザインだけでなく、《快適な暮らし》をデザインすることを心掛けています。

モデルプラン例

呼吸するDRの家
参考価格60万円/坪~
工事面積約40坪
間取り3LDK

あえて余白スペースを作り、性能も空間も息苦しくない家を意識しました。

昔の家は玄関も廊下も広く、襖や障子で仕切るので扉を外すと一つの大空間になる可変性がありました。

1階のホールや廊下、2階の読書スペースなどはくつろぎのスペースとして有効的かつ、家族の変化に合わせて自由に使える空間です。

事例を見る