2018.11.14
大阪市

長屋リノベーション 大阪市J様邸 着工解体工事

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

今日からJ様邸長屋フルリノベーション工事が始まりました!

 

 

長い打合せ期間を経て、やっと着工ですね!

 

 

まずは解体工事からです。

 

 

大阪市

何年も前に瓦屋根の葺き替え工事をされているので、

 

 

二階の天井内に大量の土ぼこりが…

 

 

1メートル先も見えない状況になってしまいました!

 

 

解体業者さんは防塵マスクで平気な顔をしておりますが、

 

 

現場監督は市販のマスクしか持っていなくて、ジタバタしてました(笑)

 

大阪市

 

 

そもそも長屋とは複数戸が1つの建物の中で壁を共有する形で構成される昔の集合住宅です。

 

 

それぞれの住戸が1つ1つ個別に直接外へとつながる玄関があるので

 

 

現代風にいうと【テラスハウス】ですね。

 

 

長屋は隣の家と壁を共有しているのでその壁には【外壁】という概念がありません。

 

 

解体できる範囲をきれいに解体していきます。

 

 

この柱の建ち方には崖っぷち感を感じますね…

 

 

この程度は想定内ですが、やはり所々傷んでいるところが見つかりました。

 

 

白蟻などの虫害、湿気によるカビ、無筋基礎の部分欠損など。

 

 

これらを補強や差し替えなどを行い、建物を若返らせていきます!

 

 

古い建物の課題となる断熱、耐震、防音、採光をしっかり改善していきたいと思います!

 

 

大阪市

そもそもなぜ古い長屋(長屋に限らず木造住宅全般)は改修工事が難しいのか…

 

一番はどれだけ痛んでいるのか、住めるようになるのかが分からない

 

 

というところが最も不安な部分ではないでしょうか。

 

 

これだけ古いとコストを下げて中途半端に工事をすると

 

 

写真に写っているような劣化部分をそのままの状態で

 

 

フタをすることになります。

 

 

それは絶対にお勧めできません!

 

 

大きな病気に気付かず風邪薬を処方するような行為です。

 

 

このような古い木造住宅で暮らしを考えておられる方は

 

 

経験豊富な建設会社に相談することをお勧めします。

 

 

金額の安さを売りにしている会社では難しい分野だと思います。

 

大阪市

 

 

解体が終わると次は給排水の設備先行配管工事に入っていきます!

 

 

近隣の皆様、長い工事期間となり大変なご迷惑をお掛け致しますが

 

 

何卒ご理解いただければ幸いです。

 

 

またアップしたいと思います(*^^*)!

 

 

オススメ記事