2019.01.29
その他・普段のこと
尼崎市武庫之荘
住宅エコポイント

住宅エコポイント ~増税対策に新制度~

中古住宅購入者に手厚い支援が国土交通省より打ち出されました。

 

今年10月に予定されている消費税10%への増税に伴いまして、住宅取得補助として住宅ポイントを実施されます。

その中で中古住宅を購入してリフォームした場合、新築住宅を購入した場合よりもポイントの加算が大きくなります。

※下のエコポイント票参照

住宅エコポイント

具体的には、新築住宅取得時の住宅ポイントが最大35万ポイント(1ポイント=1円分)に対して、若者や子育て世代が中古住宅を購入し更に100万円以上のリフォームをした場合は最大60万ポイントまでに加算されます。

 

また若者でなくても、昨年4月からはじまった安心R住宅を購入してリフォームをする場合には最大45万ポイントまで加算されます。

 

これらは国交省が指定する20の工事などを実施することにより、その内容に応じて決められたポイントが加算される仕組みとなっています。

 

国交省としては良質な住宅ストックを広げるために住宅投資の喚起することが主な目的で、新築住宅の高性能化だけでなく、リフォームでも住宅の良質化を図りたい考えのようです。

 

そのため、住宅を取得する若者世代がより中古住宅を購入してリフォームを行うように、補助を最も厚くする措置となり、さらに、若者のリフォームを推進する施策を強化することが決まりました。

 

2019年1月21日発行

リフォーム産業新聞より参照

オススメ記事